ウーマン

便秘解消のカギは腸内環境|腸の働きを活性化させよう

浣腸薬で症状を緩和

お腹

長い間便秘の状態が続くと、肌荒れや腹痛だけではなく大腸がんや直腸がんのような重大な病気を引き起こす可能性があります。一旦腸の病気になると完治するまでには時間がかかるので、病気を発症しないための対策が必要です。一般的に食事の改善をすると便秘の症状は和らぎますが、中には便秘が進行しすぎてなかなか治らない女性もいます。そこで、薬局などで市販されている便秘薬を使って体内に溜まった便を排出しましょう。浣腸薬は便秘薬と混同されてしまいがちですが、その効果や即効性は便秘薬以上といわれていて、便秘に悩む女性から絶大な支持を得ています。浣腸薬最大の特徴は即効性です。便秘薬と違って薬液を直接注入するので、早い人なら3分以内、遅い人でも約10分以内には効果が現れはじめ、トイレに行きたくなります。

浣腸薬は、排便のタイミングを自由に決められます。即効性があるので、旅行に行く前日や重要な仕事がある直前などに使用しておくと、晴れやかな気持ちで仕事やレジャーを楽しめるはずです。また、浣腸薬に含まれている成分のほとんどはグリセリンというアルコールの一種です。動物や海藻などにある成分で、無色透明で水に溶けやすいことが特徴です。さらに、グリセリンは強い吸湿力があるので腸内の粘液や水分を吸収し、腸の活動が活発になるように刺激してくれます。そのため、子どもや高齢者まで使えるので、子供の健康状態を整えるために使用する人もたくさんいます。浣腸後は、すぐに便意が現れますが、すぐにトイレに駆け込むと薬液だけが排出されてしまうので、しばらくの間我慢して、しっかりと腸内の便が排出されるように努めましょう。