ウーマン

便秘解消のカギは腸内環境|腸の働きを活性化させよう

排便を促す栄養素

考える女の人

毎朝のトイレの時間になかなか便通が良くならずに困っている女性は、腸内環境が悪くなっている可能性があります。実は、便秘が起こる主な原因は運動不足や過剰なストレス、乱れた食生活などです。中には重大な病気の前兆である場合もありますが、ほとんどは不規則な生活が要因となっています。また、最近の女性はダイエットをするために極端に食事の量を減らす傾向がありますが、食べた量が少ないとそれに比例して便の量も少なくなるので、上手く排出されずに腸の中に溜まることで便秘を引き起こしている場合もあります。さらに、飲み会や友達との食事会などで暴飲暴食を繰り返していると、消化器に大きな負担がかかり、腸の働きを阻害してしまいます。便秘は放っておくと肌荒れや腸の病気を引き起こすきっかけになる恐れがあるので、便通が悪い日が続いているのなら迅速に対処方法を考えましょう。

自分でできる便秘解消方法といえば食事の改善です。食物繊維や乳酸菌など排便を促す栄養素を取り入れることで腸の働きを活性化させられます。実は食物繊維には水溶性の成分と不溶性の成分があり、それぞれ違う働きをします。水溶性の食物繊維は体内の善玉菌を増やして整腸効果を高めてくれます。不溶性の食物繊維は便の水分量を高めてスムーズに排便出来るようにサポートしてくれます。食材を購入するときは食物繊維の特性などを考えて選ぶと良いですが、万が一食事の改善でも便秘が改善しないのなら、市販の浣腸薬を使用して排便を促すと良いでしょう。即効性があるのですぐに体の中が綺麗になります。